お笑いラジオの時間 松本人志の放送室 第33回 世界のヘイポーの性癖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本人志の放送室 第33回 世界のヘイポーの性癖

松本人志の放送室 第33回 世界のヘイポーの性癖


斉藤 敏豪(さいとう としひで、1954年11月16日 - )は、日本のテレビ演出家、スーパーバイザー。通称「ヘイポー」。

日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(以下「ガキの使い」と表記)にスタッフとして初回から参加し、1990年末/1991年初頭からスタッフいじりの一環で「パーマン2号」として売り出される。

1992年11月8日の放送で、初めて「ヘイポー」のクレジットが出る。元番組プロデューサーの菅賢治の説明によると「彼は(声が)こもるから『斉藤です斉藤です』が『ヘイポウです』に聞こえる」。その後、「世界のサカモト」こと坂本龍一の出演を経て、1994年9月11日の放送で初めて「世界のヘイポー」のクレジットに。当初は「斉藤さん」「ヘイポー」「世界のヘイポー」等、呼称は一定しなかったが、1990年代末には「ヘイポーさん」でほぼ統一されるようになった。
ダウンタウンの松本人志と、放送作家の高須光聖の幼なじみ同士の2人による1時間のトーク番組。「肩の力を抜いて話すことができる場所が欲しかった」という松本が、
小学生からの同級生である高須と1時間に渡り様々な内容のトークを繰り広げる内容である。

世界のヘイポー対西川先生デート




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:radio_gahaha

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
おすすめ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。